英語と留学

日本にいる間に冠詞を勉強すべき理由

海外生活をすれば英語が上達するというのは、

半分当たりで半分正しくない。

私は英語を上達させたくて、

語学学校に半年以上通ったり、IELTSのWritingコースを受講した。

このおかげで英語が上達したのは間違いないのだが、

同時に限界があることに気が付いてしまった。

結局、

冠詞の勉強が一番大切であることに気が付くまでに

1年以上の時間と、費用がかかってしまったのだが、

なぜ日本にいる間に冠詞を勉強するべきか解説したい。

結論を先に言うと、

イギリス滞在中に冠詞をしっかりと解説してくれる教材に出会えなかったから

そして、

冠詞を解説した本は日本の本屋の方がそろっている

からだ。

海外留学で学ぶ英語

英語を本格的に勉強しようと思った時にまず思いつくのが、海外留学だと思う。

1年留学した大学生が帰国してから

外国人留学生と楽しそうに遊んでいる姿を見ると、

留学すれば英語ができるようになるんだと想像する。

これは間違いではないと思う。

ロンドンを例に挙げてみると、

ロンドンの街中をただ歩くだけでも、

日本にいる時には知らなかったお店や場所、娯楽が

次々と目に入ってくる。

テレビをつければ、今まで聞いたことのないようなテレビ番組が放送されている。

バスや電車に乗ると、日本では聞いたことがない単語が聞こえてくる。

この経験から英語を学んで身につけるには、

ただただ数週間旅行に行くだけではダメだ。

何か月も現地に住み、

実際に生活することで、

少しずつ英語に慣れていき、

生活に密着した英語を実際に学んでいく。

海外初心者が留学して、英語を覚える速度が速いのも、

こういった日常生活に関係した英語を身をもって経験するからだと思う。

なので、

海外に滞在中にしか楽しめない経験は、

日本ではなくて現地で沢山すればよいと思う。

外国人の友達を作って一緒に遊びに行ったり、

ミュージカルを楽しんだり、

毎日イギリスのテレビ番組を夢中になって観たり、

旅行に行ったり。

日本では簡単にできることや、遊びや娯楽でさえも、

全て英語でやろうとすると最初は疲れる。

だからこそ、とても良い勉強になる。

英語が上達するとは

自分が初めて留学したのは大学4年生の時で22歳だった。

そしてワーホリで再びイギリスに来るまでの約6年間、

英語が上手になるというのは、

”相手の言っていることを理解して、自分の伝えたいことを伝えられる”

ことだと考えていた。

それを実現させる手段の一つとして、語学試験の勉強と受験があるのは良いと思う。

自分の場合

  • 沢山英語のラジオを聞いて、
  • 沢山英語のドラマや映画を見て、
  • 沢山英語で話して、
  • 沢山英語の本を読んで、
  • 沢山難しい英単語を覚えて

こうやっていれば、

自然と英語が上手になるだろう、

英語の試験(IELTS)も突破できるだろう

と思っていたが、甘かった。

他人とコミュニケーションをとるという点では、自分がやってきたことは効果があったと思う。

しかし、

これらをやっててもなかなか上達しなかったのが、そう、”冠詞”だった。

外国人が使う日本語を例に冠詞を考える

冠詞は英語で “articles”というが、

中学1年生で習う “a” や “an” そして、本や映画のタイトルによく使われる “the”だ。

しかし、

冠詞は日本語で言うと ”は” や “を” などの助詞みたいなもので、

ネイティブにとっては文の意味をクリアにし、自然な英語に見せるためにとても大切なものだ。

外国人が

「私に法律で遵守てます。」

と書いた場合、

たとえ「遵守」という難しい漢字が使われていても、

助詞が間違っていて、すごく違和感を感じるし、

この人は日本語初心者だなと思う。

しかし、もし別の外国人が

「私は法律を守ります。」

と書いた場合、

たとえ「遵守」という難しい漢字が使われていなくても、

自然な日本語に聞こえるし、日本語が上手だという印象を受ける。

日本語の “てにをは” を指摘するのはとても細かいかもしれないし、

なくても意味を推測することは可能だが、

やはり正しく使われないと日本人は違和感を感じる。

英語のネイティブにとって冠詞 “articles”は

日本人の “てにをは” と同じ部類のものなのだ。

冠詞を間違えることによる弊害

冠詞を間違えることによる問題は、

その人の知性や専門性までも疑われてしまうことだ。

たとえ英語の能力とその人の知性や専門性と全く関係がなかったとしてもだ。

イギリスでバイトとして働いたり、

技術者で自分の技術に定評がある人、

芸能関係の人にはあまり関係がないかもしれない。

しかし、

イギリスの企業でプロフェッショナルとして顧客にプレゼン資料を作ったり、

自分の事業を紹介したり、

医師として患者に説明する場合、

その人の知性や専門性まで疑われてしまう可能性がある。

あなたは、大切な取引をするときに

“てにをは” をちゃんと使えない外国人

が担当で心配にならないだろうか?

生死をかけた手術の説明をした医師が

“てにをは” もちゃんと使えないくらいしか日本語ができない外国人で、

全く無名な相手だった際に、その人に手術をお願いしたいと思うだろうか?

これは英語が母国語の人も考え方は同じである。

原点にして頂点

では、この冠詞の何が問題なのかというと、

日本にない概念だから使い方をイメージしにくいところだ。

中学校1年生で出会う冠詞だが、

個人的には数多くある文法の中で一番難しいと思っている。

そして、

これができなくてもコミュニケーションをとることはほとんど問題にならない。

なので、

普段の会話や読書で冠詞を飛ばしてしまうからいつまでたっても上達しないというところだ。

そしてここが一番の問題点なのだが、

イギリスの語学学校の先生で、

冠詞について日本人が分かるように説明できる人が非常に少ないのだ。

そして、

自分で勉強しようと思ってもイギリスの本屋に良い教材が見当たらないのだ。

英語学習の初めからの付き合いで、

楽勝だと思っていた相手が、実はラスボスだったと気が付いた。

それはまさに

ポケットモンスターシリーズのレッド

のように、原点にして頂点という言葉がふさわしい存在だ。

またまた大げさなと思うかもしれないが、ここで質問だ。

おそらくどんなに英語初心者でも、そして英語上級者でも、

“I”, “like”, “apple”, “an”, “the”,

は見たことがある単語で解説は必要ないと思う。

では、

“I like an apple.”

“I like apples.”

“I like the apple.”

“I like the apples.”

“I like apple.”

“I like Apple.”

のそれぞれの意味の違い、

そして、一部不自然な文が紛れ込んでいるのだが、

あなたはそれを説明できるだろうか?

リンゴが好きと言いたいときはどれが正しいのか、

そして、

正解以外の選択肢はなぜ間違っているのか説明できるだろうか?

これらの文の違いが分からない場合、

たとえ頭の中では英語を日本語に訳していなくても、

残念ながら日本語のロジックで英語を理解しようとしているだけの可能性が高い。

また別の例で、

英語で「怖い」というのは “fear”だが、

“Fear is the enemy of logic.” by Frank Sinatra

という名言をネットで見つけた。

この文 “fear”には “a” や “the” はついていない。

しかし、例えば、

“I have a fear of heights.”

の “fear” には “a” が付いている。

ちなみに

“a fear of heights”

のように “of” が付けば全部 “a” が付くか

というとそうではなく、

例にあったように

“the enemy of logic”

の場合には

“enemy” に “the” が付いている。

たかが “a” がついているか、ついていないかの違いだが、

このちょっとした違いがあなたのプロフェッショナルとしての信頼性に大きく影響する。

日本で学ぶ英語

個人的には、冠詞を学ぶのであれば日本にいる間に集中的に行うのが良いと思っている。

というのも、

ロンドンの大きな本屋で文法の本を色々と探してみたり、

語学学校のイギリス人の先生達に聞いてみたのだが、

冠詞が心の底から分かったという感覚は得られなかったのだ。

余程指導が上手な先生でなければ、

”英語には例外があるのが唯一のルールだ”

”ケースバイケースだから一つずつ覚えるしかないよ”

”洋書を沢山読めばできるようになるよ”

と無責任なことを言われて終わりだ。

逆に、日本に一時帰国した時に書店を眺めてみると、

冠詞に関する著書が沢山あり、その中には良書もあった。

日本にいる間はイギリスの文化を体感しながら英語を学ぶということはできないかもしれない。

しかし、

イギリスではなかなか勉強することができない “冠詞” に特化して勉強すれば、

今後あなたの英語力は1ランクも2ランクも上がる。

自分にはライティングのスキルは関係ないと思っている人にとっても、

冠詞を学ぶことは意義があると思っている。

自分の感覚なのだが、冠詞が分かるようになってから、

なぜか前よりも英語のリスニング力が上がった気がする。

今までごちゃごちゃとしか聞こえなかった歌や映画のフレーズのいくつかが、

聞き取れるようになった。

何より、本や新聞を読んでいて、読んでいて分からないと思うことが減った。

冠詞以外の文法や英単語について

冠詞以外のことも、もちろん大切ではある。

けれど、冠詞以外の文法や単語を覚えることは、海外に渡ってからでも全然大丈夫だと思う。

日本語だと過去形とか、仮定法とか、過去分詞とかいう名前で色々あるみたいだが、

こういうのはむしろネイティブの先生に教えてもらった方が分かりやすいし、

本気を出して勉強すれば自分でもなんとかなる。

自分も昔は英文法が大の苦手で、

ワーホリで語学学校に行った時は

” I have eaten breakfast.”

の “have” の使い方すら分からなかった。(実話)

ましてや、

” If I had known that, I wouldn`t have done it!”

とかの仮定法なんて訳分からないなんてくらい文法嫌いだったが、

語学学校で勉強したら、案外すんなりと理解できた。

それに、難しそうな単語も実生活で少しずつ身に着けることができる。

日本にいたら、”furlough” という単語を見ることはまずないと思う。

しかし、イギリスに住んでいてテレビでニュースをみたり、

たまに新聞を読めば、この “furlough” という単語は頻繁に出てくる言葉で、

新型コロナウイルスの影響を受けての従業員救済措置に関連した言葉だと分かる。

なので、冠詞以外の文法、単語は最悪現地で体験しながら全て覚えていくというのでも良いかもしれない。

まとめ

  • 冠詞という概念は日本にはない (ただし、近いものはある)
  • 英語の冠詞を間違えると、日本語の “てにをは”を間違える語学初心者のようにみられる
  • 冠詞は英文法の原点にして頂点
  • 冠詞を攻略する鍵は日本の書店にある
  • 冠詞以外の英文法や難しい英単語は現地入りしてからでも遅くない

次の記事では、冠詞の勉強方法についてを紹介する。

ABOUT ME
あき
あき
ハリーポッターの世界にあこがれた高校生が、大学時代と初期研修後にイギリスに留学。10年以上どうしたら英語が上達できるか考え続け、合計約3年間イギリスに滞在。ようやく自分なりの回答を見つけ、現在は次の海外進出に向けて準備中。美容皮膚科医。イギリス留学、英語について発信するのが何よりの楽しみ。